自分を救う旅物語


自分を救うために”東京へ”


 

何をするにしても

”何がしたいかがわからない…”

そんな日々が始まりました

 

何も楽しくない

何の喜びもない

あるのはただひたすらに 広大に拡がっていく

虚無感

背中から砂地のようにエネルギーが抜けていくのでした

 

「何が起きているのか…?」

全くわかりませんでした

 

考えようとすると

頭の中が真っ白になる

 

そんな日々が続いたある日のこと

お風呂上がりに私は自分の姿を見て思わず

 

”死ね”

”よくそんなので生きているな”

”いつまで生きているんだ”

 

口が勝手に動く

自分への暴言が止まらない

そして

奇妙な音楽が耳から離れない…

まるで死に誘われているかのようでした

 

それが

毎日、毎日繰り返されるのでした

 

もう何をどうすればいいのかもわからない

こんなこと誰にも言えない…

 

いっそのこと

死んだ方が楽かもしれない

 

でも

…生きたい

…生きたい

強烈な不安と恐怖の中、私は泣きながら

とある心理セラピストに

藁をもすがる想いで心理セラピーを申し込んでいました

東京へ…

 

 

本気で天職したい人のためのキャリア相談室